デザインの解剖展 [21_21design sight]

IMG_0263

六本木にある 21_21design sight で開催中の「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」を見に行きました。

21_21design sightの独得な形の建築は安藤忠雄さんの設計です。展示室が地下に埋まっていて、外から見た印象よりも広い空間があります。地上階にエントランスと受付、地下階に2つのギャラリーと三角形のサンクンコートを擁しています。

デザインの解剖展はデザイナーの佐藤卓さんによる

身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する試み

です。

佐藤卓さんといえば以前テレビで佐藤卓さんのデザインに密着する番組を見たのですが、ひとつひとつを検証しながらとても丁寧にデザインしていくのが印象的でした。

この展示もとても丁寧にデザインの成り立ちや意味をひとつひとつわかりやすく組み立ててあります。デザインに興味がある方にはデザインとはどのように考えられているのかを、デザイナーをしている方にはコンセプトの勉強になる展示です。

IMG_0268

IMG_0269

IMG_0277

IMG_0279

商品に関する専門的な知識から、デザインのコンセプトやどのような経過をへてこのデザインになったか、デザインの意味、理由などを 各ステップごとにこの分量の解説テキストがあります。

IMG_0294

視覚的にもわかりやすいように模型を作ったり、巨大なサイズの商品サンプルがあります。

IMG_0278

IMG_0285

このスーパーカップの底が上げ底になっている理由も、手に持った時に直接アイスクリームに体温が伝わらないのでアイスが溶けづらくなる工夫が大きな理由だとか。ふたの形状などひとつひとつに理由があることがわかりやすく展示されています。

P_20170109_141228

帰りにキノコの山とタケノコの里を買ってしまいました。^^

 場所:港区六本木 21_21design sight
公式サイト:http://www.2121designsight.jp/
会期:2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)
  • 関連記事がありません。