ちょっと怖い?旧東ベルリンの部屋とカフェごはん

今回ベルリンで泊まったお宅は、ベルリンのミッテという中心地にほどちかい地区にある、旧東ベルリン時代の古いアパートメントの一室。

建物は昔の建物っぽく大きな作り。

だけど、最初に到着した時に入り口でどんびきした。

らくがき。。。大丈夫か。

オーナーの女性はにっこりわらって大丈夫だという。

こわいよー。
 
ヨーロッパのアパートメントのエントランスや階段は普段電気はついていません。スイッチをおすと1分程度電気がつきます。最初真っ暗でこわいんです。

なので電気のスイッチを速攻で押してダッシュで階段を登っていましたが、ある日他の部屋の方とばったりあい、普通にかわいいおばあちゃんが住んでいることがわかり、それから安心して出入りするようになりました。

かわいいアンティークのインテリア

室内は天井が高く贅沢な広さ。10畳以上余裕にある印象でスーツケースを広げても余裕たっぷり。
そして室内の家具がアンティークだけど、オーナーのこだわりがありとてもかわいくコーディネートしてあって、室内にはいり一安心。

かわいいよね。

めちゃうまなカフェ発見

食事は近くのスーパーやデリでお惣菜を買ったりカフェに行っていました。カフェが多いのですが、近所のカフェでものすごく美味しいお店を見つけてからは毎日に通い詰めました。

このパンは固めなのですが、ものすごく美味しい。この写真は中にラタトゥイユが入ったサンドイッチ。
他にも生ハムとサラダのサンドイッチも食べましたがそれはそれは美味しくて、ベルリンを旅立つ日も朝一でこのカフェに来て朝食を食べたほど。忘れられない味です。このカフェはサンドイッチとコーヒーで7ユーロほどでした。

別のカフェのチーズトースト+コーヒー。こちらは5ユーロほど。
美術館を回りながらカフェで5ユーロ程度の食事ですごしていました。

ドイツは(パリにくらべれば)物価が安い。街中にもカフェが多く値段も安め、気軽に入れるので、観光の合間に疲れた時はカフェがおすすめ。